子どもにゲーム禁止を言い渡すことは逆効果である理由

子どもにゲーム禁止を言い渡すことは逆効果である理由

子どもが小学生ぐらいになってくると、ゲームにハマる子が出てきます。

 

あまりにゲームばかりしてしまうので、ゲーム禁止にしてしまう親もいるようですが、それは逆効果のような気がします。

その理由は、親の権利を使って無理矢理子どもを抑制させているだけだからです。

 

では一体、子どもとゲームの付き合い方はどのようにすればいいのでしょうか?

 

子どもにゲーム禁止を言い渡すことは逆効果である理由

ゲームにハマると1日中そればかりをして、他のことを何もしなくなる子どもがいると思います。

学校の勉強や宿題をやらなかったり、外で遊ばなくなるなんてことも、よくありますよね。

特に男の子で多いでしょうか?

 

ゲームは本当に楽しいので、できることなら毎日ずっとゲームで遊びたいなんて子も少なくないでしょう。

私も子どもの頃は、よくゲームで遊び倒していました。

 

ですが、勉強や宿題をしない、外で遊ばないなどを理由に、完全にゲーム禁止にしてしまったらどうなるでしょうか?

恐らく子どもは、自分が一番やりたいことをやらせてもらえないことに、怒りや不満、絶望感を味わうでしょう。

 

いくらゲームばかりしているからといってゲーム禁止にしても、余計にやりたくなるだけです。

自分の意志でやめたわけではなく、人から無理矢理ダメだと言われた場合には、抑圧されたことにより禁断症状が出やすくなってしまうのです。

 

このため、完全にゲーム禁止にすることは、子どもの気持ちを不安定にさせるだけなのではないかと、私個人的には思うのです。

 

子どもにゲームに関するルールを考えさせる

とはいえ、子どもはやりたいことを自制することが難しいものです。

大人だってなかなかできないのですから、子どもにはかなり厳しいでしょう。

 

このため、ゲームをすることに関して家庭内ルールを作って、それを守るようにするのがいいです。

ここで重要なのが、ルールを作るときは親が一方的に決めるのではなく、むしろ子どもに考えさせるようにしましょう。

ゲームに関して、どのようなルールであれば毎日守れるかを子どもに決めさせるのです。

 

親から一方的に決めたルールだと、条件が厳しすぎたり、不満が残るようなものになりやすく、そもそも守ろうという気が起きにくくなってしまいます。

しかし、子どもが自分主体で決めると、途端にルールを守ろうという気持ちになりやすくなります。

 

これは、人から抑えつけられて抑圧されたものではないので、自分の意志を尊重された状態になるためです。

 

このようにすることで、子どもは楽しくゲームをしつつも、自主的にルールを守りやすくなります。

 

ゲーム以外の楽しいことを子どもに教える

子どもが1日中ゲームばかりやりたがり他のことを全然しないのは、子どもにとってゲームが一番楽しいからです。

一番楽しいことをやりたいというのは、ある意味自然な行為でもあります。

 

ですので親としては、子どもにゲーム以外で夢中になれる楽しいことを教えるのも重要な責務になってきます。

ゲームを禁止するぐらいやらせたくないのであれば、それに代替する遊びを示してあげましょう。

 

友だちと遊ぶことでもいいし、スポーツでもいいですね。

子どもにとって、ゲーム以外に楽しいことがらできれば、それこそ自然とゲームをする時間は減っていきます。

 

自分の子どもの好きなことや特性をよく見て、いろいろな世界を見せてあげましょう。

うまくいけば、ゲームをあまりやらずにそちらにシフトするかもしれませんよ。

 

まとめ

ゲームは脳や眼にあまりいいものではないので、できることならあまりやらないほうがいいものです。

しかしそうはいっても、一度ゲームの楽しさを覚えてしまったら、そう簡単にやめろと言ってもできるものではありません。

 

ですので、頭ごなしにゲーム禁止にするのではなく、うまく交渉して折衷案を取るようにしましょう。

子ども主体でゲームに関する家庭内ルールを作ると、子どもが自らルールを守りながら、楽しくゲームとも付き合っていけるでしょう。

 

そしてできることなら、ゲーム以外で同じくらい楽しいことを教えてあげられれば言うことなしですね。

 

子どもがゲームにハマりすぎて困っている人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました