アウトプットが苦手で会話がうまくできない人が上達する方法!

アウトプットが苦手で会話がうまくできない人が上達する方法!

誰かと話をしていても、自分の気持ちや意見を相手に伝えるアウトプットが苦手な人もいますよね。

会話がうまくできないことに悩んでしまうこともあるかもしれません。

 

日常会話ならまだしも、仕事では支障が出ることもあるでしょう。

ですが、安心してください。

 

アウトプットは練習することで身につけることができる能力です。

しっかりと自分の考えをアウトプットして、相手とうまく会話ができるようになる上達法をご紹介します。

 

会話でアウトプットがうまくできない原因

自分に自信がないから

周りを見ていると、自分の意見をハキハキと話す人というのは、自分に自信を持っている人ではありませんか?

そしてアウトプットが苦手な人は、イマイチ自分に自信を持ててないことが多いです。

 

この自信というものは厄介なもので、会話や行動など全てのアウトプットに影響を与えてしまいます。

自分に自信がないと次のような心理が働きやすくなります。

 

  • 自分の意見は間違っているかもしれない
  • 変なことを言って周りから笑われるかもしれない
  • 自分の話なんか、軽く流されて終わっちゃう気がする

 

このような心理状態になってしまうと、会話の中で自分の考えをアウトプットすることのハードルがとても大きくなります。

このため、自信とアウトプットは密接な関係を持っているのです。

 

慎重なタイプだから

思慮深い人や、しっかりと情報収集する人は、事前準備にじっくりと時間をかけます。

このため、自分の中で準備が整っていないと、実践の場へ出たがらない傾向があります。

 

絶対に失敗をしたくない慎重なタイプの人ですね。

このような人は会話においても次のように考えることが多いです。

 

  • 情報が集まっていないので、まだなんとも言えない
  • 自分の考えがまとまっていないから黙っておこう
  • うかつなことを言って失敗しないように気をつけよう

 

仕事において事前準備をしっかり整えることは、とても頼もしい限りです。

ですが、普段から完璧を求めやすく、それゆえにアドリブが効きづらい傾向があります。

 

すると、準備が整っていない場合には、途端に会話でのアウトプットがうまくできなくなってしまうのです。

 

慣れていないから

会話でのアウトプットというのは、実は幼い子どもでも当たり前にしていることです。

 

「おもちゃを買ってよ!」

「おやつが食べたいよ!」

 

こんな感じで自分の感情をストレートに表現していますよね?

 

しかし年齢が上がってくると、だんだんこのように自分の気持ちを素直に表すことが少なくなってきます。

自分の思っていることをあまり話さないでいると、いつの間にかそれが当たり前になり、だんだんとアウトプットすることが苦手になってしまいます。

 

普段からそのような会話をしていないため、アウトプットに慣れていない状態になってしまうのです。

 

 

アウトプットが苦手で会話がうまくできない人が上達する方法

意味記憶ではなくエピソード記憶として覚えておく

会話でアウトプットがうまくできない人は、そもそもインプットの内容があまりよくないことがあります。

何かを覚えて頭に入れるときに、「意味記憶」ではなく「エピソード記憶」にすると、インプットの質が格段に上がります。

 

●意味記憶

言葉の意味や知識、概念に関する記憶のこと。

学校で勉強する英単語や数学の公式などがこれに当てはまり、反復しないとなかなか記憶として定着しない。

 

●エピソード記憶

個人が経験した出来事に関する記憶。

いつどこで何をして、そのときにどう感じたかをセットで記憶するため、とてもあたまに残りやすい。

 

頭の中にある情報が意味記憶中心になっていると、アウトプットしようとしても淡白な感じになり、あまり会話が弾みません。

しかし、エピソード記憶として定着している情報は内容を鮮明に覚えているため、流れるようにスラスラと話すことができ、相手にも面白い印象を与えやすくなります。

 

頭の中が整理できてなくても、とりあえず話す

自分が話をするときには、事前に頭の中で構成を考え、まとめるようにしている人もいると思います。

しかし、毎回このようなことをしていると時間がかかるし、なかなか話をすることができません。

 

特に、相手が上司や先輩のような目上の人の場合は、このような傾向が強くなると思います。

頭の中を整理することは大事ですが、完全にまとまってなくても、とりあえず話をするようにしてみましょう。

 

自分が思っていることや感じていることを、ある程度は直感的に話すようにした方がアウトプットがしやすくなります。

話しているうちにだんだんと自分が言いたかったことがまとまってきたりもするので、考えすぎずにとりあえず話すようにしても、案外問題ないものです。

 

完璧を求めすぎす肩の力を抜いて、ある程度は気楽に話すようにするといいですよ。

 

とにかく場数を踏む

すでに会話におけるアウトプットが苦手だと思っている人は、いつも自分の意見を心の中にしまっているのではないでしょうか?

しかし、いつまでもそのようにしていても、会話がうまくなるどころか、どんどん苦手になっていくばかりです。

 

多少荒療治ではありますが、とにかく自分から意見や考えを話すようにしてください。

最初は相手にうまく伝えることができず、失敗したり恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

 

ですが、常日頃からアウトプットを心がけていると、自然と慣れてくるものです。

だんだんと自分の意見や考えを話すことに抵抗がなくなってきて、普通に会話ができるようになってきます。

 

とにかく場数を踏んで、アウトプットに慣れるようにしましょう。

 

会話がうまくできなくても周りはそこまで気にしない

アウトプットが苦手な人は、自分が話したことで、周りから変だと思われたり、嫌われたりしたらどうしようと考えがちです。

自分に自信がないと、そのように思いやすくなりますが、実際にはそこまで心配する必要はありません。

 

自分が気にしているほど、相手はあまりこちらのことを気にしていないことがほとんどです。

ですので、引っ込み思案になりすぎる必要はありません。

 

例え自信がなくても、堂々と自分の意見や考えを話してしまいましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

アウトプットが苦手だという人は、普段から会話を避けがちになっていないでしょうか?

気持ちはわかりますが、それはあなたのためになりません。

 

今後の人生をより豊かにするためにも、積極的に自分の意見や考えをアウトプットして、会話をするようにしてください。

 

今回ご紹介した方法を実践して場数を踏んでいけば、自然とアウトプットに慣れてきます。

そうすれば、会話もうまくできるようになり、苦手意識もなくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました