どうしても食事制限できない人のためのダイエットのコツ!

どうしても食事制限できない人のためのダイエットのコツ!

ダイエットのために食事の量を減らしたり、高カロリーな揚げ物やお菓子を食べないようにしても、結局続けることができず挫折してしまったことはありませんか?

食べることが大好きな人にとっては、食事制限は本当に苦行になります。

かくいう私も、高カロリーな食べ物やお菓子が大好きなタイプなので、食事制限ダイエットはこれまでに何度も挫折してきました。

 

ところが、食事制限ができないタイプの人でもダイエットを成功させることはできます。

このような人は、ダイエットのためのコツを知らないだけの場合もあります。

 

そこで、どうしても食事制限できないタイプの人は、どのようにダイエットを攻略していったらいいかを説明します。

 

どうしても食事制限できないのは意志が弱いからではない

食事制限を続けていると途中で我慢できなくなって、ついファーストフードに行ってしまったり、揚げ物を食べてしまったりしますよね?

一度食欲が爆発してしまうと抑えがきかなくなり、そのままデザートやお菓子まで食べてしまうこともあるでしょう。

私はまさに、そんな感じでした。

 

このようなことがある度に、

「またやってしまった…」

「なんでいつも我慢できないんだ…」

「本当に意志が弱い…」

と自己嫌悪に陥っていました。

あなたも同じではありませんか?

 

ですが、ここで自分は意志が弱くて駄目な人間だと思い込まないでください。

これは典型的な食事制限ダイエットの失敗例ですが、だからといって意志が弱いというわけではありません。

 

どうしても食事制限できない理由は、食生活の習慣に問題があるからなのです。

 

そもそも太っていない普通の体型の人を考えてみてください。

その人たちはみんな食事制限をしているでしょうか?

 

答えは恐らく「No」です。

みんな、そのときの気分で好きなものを好きなだけ食べているでしょう。

ですが、このような人たちは太りません。

 

なぜでしょうか?

 

それは、太らない食習慣が身についているからです。

当の本人たちは特別な努力をしているとも思っていません。

食事制限とは意志の問題ではなく、習慣の問題なのです。

 

食事制限できない人のためのダイエットのコツ

これまでに食事制限を失敗してしまっている人は、意志の力で抑え込もうとしているか、内容が厳しすぎる場合が多いと考えられます。

どうしても食事制限できない人は、ちょっとしたコツを知っているだけでうまくいくようになります。

 

食事は野菜から食べ始める

痩せたいと思っている人は、食事のときにはまずは野菜から食べるようにしましょう。

太っている人はだいたい、自分の好きなもの(高カロリー)から食べ始め、それを満足するまで食べてしまいます。

それは太りますよ。

 

野菜から食べ始めると、低カロリーでヘルシーな野菜でお腹が膨れるため、その後の食事の量を自分の意志とは関係なく減らすことができます。

とくに食物繊維を多く含んだ野菜を食べると、血糖値の急上昇を抑え、不要なものを体外へ排出するためダイエット効果が高くなります。

 

野菜の後に、肉や魚などのたんぱく質を食べ、最後にお米などの炭水化物を食べるようにすれば完璧です。

これなら自然と炭水化物の摂取量も減り、体脂肪の蓄積を抑えることができます。

炭水化物は糖質でありエネルギー源ですが、過剰に摂取すると脂肪として蓄積されてしまうので要注意なのです。

 

普段と同じ内容の食事でも、このように食べる順番を変えるだけで自然と食事制限になるのです。

今まで無理して頑張っていた食事制限をやめて、まずは食べる順番を変えることから始めてみましょう。

 

早食いをやめてよく噛んで食べる

人は食事をしてから脳が満腹だと感じるまでに約20分かかるといわれています。

食べ始めてから十分な量を食べていたとしても、20分経たないと満足できないのです。

 

ですので、早食いをしていると本来の適量を遥かにオーバーして食べ過ぎてしまうことが多くなります。

そこで、ゆっくりとよく噛んで、時間をかけて食事を楽しむようにしましょう。

ゆっくりと食べることで、たくさん食べなくても満足感のある食事になります。

 

また、よく噛むという行為自体も満腹中枢を刺激する行為になります。

ゆっくりよく噛んで食べると、これもまた自分の意志とは関係なく食事制限に繋がるわけです。

胃腸での消化吸収もしやすくなり、内蔵への負担も減りますよ。

 

好きなものも食べてもいい

ダイエットのための食事制限というと、揚げ物は駄目、ラーメンは駄目、お菓子は駄目といろいろと食べてはいけないものが出てくると思います。

もちろんこれらの食べ物は太りやすいので、食べないに越したことはありません。

ですが、このような過度な食事制限がストレスとなり、我慢の限界を超えて暴食を呼んでしまうのです。

今までの失敗を教訓にしましょう。

 

ここでまた普通体型の人を見てみましょう。

このような人たちは、揚げ物だって、ラーメンだって、お菓子だって普通に食べます。

でも太りません。

 

これは普段の食事の摂り方が、無意識のうちに太らないものになっているからです。

つまり、好きなものを多少食べたからといって、それだけで太るわけではないのです。

 

ですので、食事を制限しすぎて我慢できなくなるくらいなら、最初から好きな食べ物も食べてOKのダイエットにしましょう。

食べるとき野菜から食べ始めたり、よく噛んで食べるようにすれば、自然と食べる量が減るのでさほど問題になりません。

 

ダイエットで一番重要なことは無理なく続けられることです。

長く続けることができれば、だんだんと体型は変わって痩せていきます。

ダイエットは頑張るのではく、肩の力を抜いて日常の習慣となるようにしていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今までどうしても食事制限ダイエットがうまくできなかった人は、ちょっとしたコツを知らず無理をしていたからです。

失敗したのは、決してあなたの意志が弱いからではありません。

 

意志の力に頼らない食事制限のコツをまとめると次の3つです。

 

  • 食事は野菜から食べ始める
  • 早食いをやめてよく噛んで食べる
  • 好きなものも食べてもいい

 

食事の仕方を習慣として変えるだけで、自分の意志とは関係なく、自然と食事制限になります。

自分に無理のない方法でダイエットを成功させて、スリムな体型を手に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました