一人暮らしの人は最低限これだけは食べとけという食事!

一人暮らしの人は最低限これだけは食べとけという食事!

一人暮らしをしていると、自炊をするのがめんどくさかったりして、どうしても栄養バランスが悪くなりがちです。

できることなら簡単に、体に必要な栄養をとれるような食事をしたいと思うでしょう。

 

そこで、一人暮らしの人が最低限これだけは食べとけという食事をご紹介します。

 

一人暮らしは栄養が偏りやすい

実家にいれば親が毎日のように食事を用意してくれたと思いますが、一人暮らしになると毎日の食事は自分で決めなければなりません。

「毎日自分の好きなものが食べられる!やったー!」

となる気持ちもわからなくはないですが、そんな生活を続けていたら、間違いなく体に必要な栄養が不足します。

 

恐らく多くの人は、自炊するのはめんどくさいからといって、ほとんど外食やコンビニなどで買ってきた食事になっているのではないでしょうか?

ズボラなタイプであった私は、完全にそのパターンの食生活を送っていました。

 

そうなるとどうしても、肉や揚げ物などの高カロリーなもの、米や麺類などの炭水化物が中心の食生活になりやすくなります。

意識していないと野菜を食べる機会が極端に減り、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しがちになるのです。

 

おかげで疲れやすくなったり、病気になりやすくなったりと、体調を崩しやすくなります。

また、糖質や脂質が多めの食事になるため、太りやすくなります。

私は一人暮らしをするようになって、10kgも太ってしまいました。

 

しっかりしている人はこんなことにはならないのかもしれませんが、意思が弱い人やめんどくさがり屋の人は要注意ですよ。

 

最低限これだけは食べとけという食事

一人暮らしの食事では、どうしても栄養管理が難しいですよね。

そこで、これだけは食べておいた方がいいものをあげていきます。

 

基本は、「まごわやさしい(孫は優しい)」になります。

それぞれ、体にいい食べ物の頭文字になっているので覚えやすいですよ。

 

ま⇒豆類

まずは豆類です。

豆腐・味噌・納豆など、大豆から作られている食べ物が、よく口にする食べ物ですかね。

たんぱく質とマグネシウムが豊富に含まれています。

植物性たんぱく質なので、ヘルシーに栄養を摂取できますよ。

 

ご⇒ゴマ

続いて、ゴマやナッツ類です。

老化の原因となる活性酸素を防ぐ、抗酸化作用が含まれています。

食べ過ぎると高カロリーになってしまいますが、適量であればナッツなんかは間食にも向いています。

 

わ⇒ワカメなどの海藻類

ワカメや昆布などの海藻類は、カルシウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。

 

一人暮らしをしていると、海藻類は普通の野菜よりもさらに食べる機会が少ないのでないでしょうか?

気まぐれでサラダを食べるようなことがあっても、海藻はあまり入っていないと思います。

私も過去に、正直あまり食べた記憶がありません。

 

味噌汁とかに入れてしまえば簡単に食べられていいですよ。

 

や⇒野菜

言わずと知れた、一人暮らしで不足しやすい典型的な食べ物です。

野菜には、ビタミンやベータカロチンが豊富に含まれています。

ビタミン不足になると、肉体的にも精神的にも疲れやすくなり、日々の体調が悪くなりやすくなります。

体の内側から健康になるためにも、野菜を侮らずにしっかり食べるようにしましょう。

 

さ⇒魚

魚は、カルシウムを豊富に含んだたんぱく質になります。

また、体にいい不飽和脂肪酸のオメガ3もあります。

ふつうは油はあまり体によくありませんが、魚の油は例外です。

特に、青魚がおすすめですよ。

現代人は肉食になりがちですが、ぜひ魚を積極的に食べていきましょう。

 

し⇒椎茸などのきのこ類

きのこ類には、ビタミンDが豊富に含まれています。

きのこ単体では、味が淡白なものが多く、様々な料理に合わせやすいのが特徴です。

どんな料理にも、とりあえず混ぜてしまっても問題ないと、個人的には思いますよ。

 

い⇒いも類

じゃがいもやさつまいもなどのいも類は、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

いも類は炭水化物になりますが、食物繊維のおかげで、食べてもすぐに血糖値が上昇したりしません。

もちろん食べ過ぎは厳禁ですが、炭水化物をあまり食べられないダイエット中にも、おすすめの食材になりますよ。

 

自炊は簡単作り置きがおすすめ

一人暮らしで最低限食べておきたい食材を意識的にとるためには、やはり自炊が一番いいです。

 

スーパーのお惣菜とかで手に入れる方法もありますが、毎日続けていると結構お金がかかってしまいます。

サラダや魚などのお惣菜は、肉や揚げ物などに比べると、どうしても割高になりがちですからね。

 

しかし、きちんと食材を購入して料理をすると、金銭的な負担がだいぶ少なくなります。

よく一人暮らしだと、自炊をしても経済的負担はあまり変わらないという人もいますが、そんなことはありません。

 

確かに一人分などの少量を作るとなると、自炊をしてもあまり安く済ませられないかもしれません。

しかし、一度にまとめて大量に作って、冷蔵庫や冷凍庫で長期保存するようにすると、安くたくさん食べられるようになります。

 

自炊がめんどくさいと思う人ほど、この一度にたくさん調理して、作り置きする方法をおすすめします。

まとめて作ってしまえば、その後しばらくは料理をしなくても食べていけます。

 

つまり、一度にまとめて自炊することで、経済的な負担と料理の手間の両方を抑えることができるわけです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

一人暮らしの食事は、最初のうちは好きなものが食べ放題で嬉しく感じますが、だんだんと健康面で不安になってくるものです。

また、調子に乗って食べ過ぎて、体型が変わってしまうこともあるでしょう。

 

すでに体に不調が来している人や太ってしまった人はもちろん、そうでない人も未然に防止するために、「まごわやさしい」を意識して食事をしてみてください。

 

健康的で楽しい人生を送れるようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました