夢も希望もないと思っている40代の人たちに捧ぐ

夢も希望もないと思っている40代の人たちに捧ぐ

時を重ねるごとに増えていく年齢、対して低下していく体力と気力。

人生半ばの40代になると、夢も希望もなく楽しいことが何もないという人がとても多くなります。

 

このような人たちの気持ちはよくわかります。

私も同じような気持ちになり、日々過ごしていたことがあります。

 

では、なぜ40代を迎えると、このような気持ちの人たちが増えてしまうのでしょうか?

 

40代で夢も希望もないと思っている理由

40代で夢も希望もないと思っている理由

人生の折り返し地点である40代を迎える頃には、かなりの長い年月が流れています。

時の流れは無常なもので、その期間にどのような生き方をしてきたかが、40代になる頃にはしっかりと形となって表れてきます。

 

40代といえば、長い時間を仕事に追われることになる人が多いと思います。

しかし、自分が本当にやりたかった仕事をできなかった人、何もやりたいことが見つからなかったのでとりあえず働いている人は、多くの場合、仕事に不満を持っています。

仕事がつまらなすぎる、給料が安すぎる、残業時間が多すぎるなど、たくさんの人が思うことでしょう。

いわゆるブラック企業に勤めていると、肉体的な疲労だけでなく、精神的にも病んでしまうため、余計に人生に夢も希望も持てなくなってしまいます。

 

独身で結婚する予定がない人、はたまた結婚したけどパートナーといるのが苦痛だったりする人もいます。

子どもがいる人だと自分の時間を持つことがほとんどできないので、代わり映えのしない毎日の繰り返しに悩まされる人もいます。

 

私の場合は、時間の全てを仕事や家事、育児に費やす生活が続くことにうんざりしてしましました。

自分のために時間を使うことが全くできなかったんですね。

本当に寝るとき以外は、常に何かをしている状態でした。

ほっと一息つく暇もないほどで疲れ果てていましたね。

これから先もこの生活が永遠に続くのかと思うと、まさに夢も希望もない状態でした。

 

40代になる頃には、誰もが様々な人生経験を経ています。

人生の中にはいくつもの分岐点があって、その中から自分が選んだ道を歩んできて今に至るわけです。

現在の自分の姿は、これまで歩んできた道のりの結果です。

 

あのときああしていればとか、もっとこうしておけばよかったということが、山ほどあることでしょう。

 

そして、今の自分が夢も希望も持てないという場合、人生は後悔だらけなのではないでしょうか?

そして、あまりに今の人生がつまらなすぎて、どうせこれから先も何もいいことなんかないと思っているのではありませんか?

 

普通と呼ばれる人生でなくてもいい

普通と呼ばれる人生でなくてもいい

人生に夢も希望もないと思ってしまう人は、どのような人生を歩みたいのでしょうか?

 

正社員で働いていて、家族をもっていて、マイホームをもっている、そのような人が幸せであり、夢や希望がある人生だと考えていたりしないでしょうか?

これは、いわゆる一般的なわかりやすい幸せ像です。

しかし、このような人生を歩んでいる人でも、人生に夢も希望もないと思っている人がたくさんいます。

 

夢や希望がある幸せな人生なんてものは、誰かの物差しで一概に測れるものではありません。

周りの人たちを見て羨ましく思うこともあるでしょう。

 

ですが、隣の芝は青く見えるもので、誰しも人生における悩みはあります。

自分が一番心がワクワクする人生を歩んでいいのです。

 

一番大事な自分のことをよく考える

一番大事な自分のことをよく考える

今の夢も希望もない人生がこれからも続くと思っている40代の人がいたら、決してそんなことはないということを知ってください。

これは気休めでもなんでもなく事実です。

 

40代になってからでも自分を変えることはできます。

今の人生がつまらないことを十分認識しているのであれば、自分にとって何がやりたくないことで、何がやりたいことなのかをはっきりさせましょう。

ここをよく考えることで、自分に足りないものと不要なものがわかってきます。

 

自分にとって嫌なこと、不要なものがわかったら、それを少しずつ減らして捨てていきましょう。

仕事だったり人間関係だったり、いろいろあると思います。

その代わりに自分にとって足りないものを手に入れていきましょう。

趣味だったり、友人だったり、スキルだったり、自分が欲しいと思ったものは何でもいいです。

 

これらのことを計画的に行動できれば一番いいですが、この際計画は行き当たりばったりでも構いません。

まずは行動に移しましょう。

 

夢も希望もない人生は受け身でいるからです。

自分から動けば、人生は必ず変わります。

動くことで新しい変化が起こるので当然のことです。

 

40代まで生きてくると新しいことを始めるのに、今さらと思って躊躇したり、自分にはできるわけがないと思って、一歩を踏み出せない人がとても多いです。

でも、新しいことを始めるのは何歳からだって構いません。

あなたより高年齢の人が、あなたがやりたいと思っていることを新たに始めていることもあるでしょう。

もちろん、うまくできなくたっていいんです。

新しいことを始めたけどうまくできなかったという経験がまた、あなたの人生に彩りを与えてくれます。

 

思い出してください。

あなたがしている後悔は、「なぜ、あのときやらなかったんだろう?」というものが大半のはずです。

自分で決めて行動したことであれば、やらなければよかったという後悔は少ないはずです。

だから自分の人生を見つめなおして、自らアクションを起こすようにしましょう。

 

人生に夢も希望もないと思っている人は、自分が望んでいるものとはかけ離れているかもしれませんが、とりあえず生活することはできているでしょう。

厄介なのは、なまじっか生活することができてしまっている状態です。

この状態は、このまま人生に変化がなくても生きていけてしまいます。

それは人に、現状維持という安易な道を選択させます。

 

しかし、そのままでいる限り決して自分の人生に変化はありません。

逆に言えば、そのままでいなければ自分の人生は、必ず変わります。

 

この世で一番大切なことは、自分を大事にすることです。

自分の人生を一番に考えましょう。

自分が望む生活をできるようにするために時間を使うことが、人生における一番の優先順位です。

 

一番は仕事ではありません。他人ではありません。

いつだって一番は自分自身なのです。

 

やってはいけないことなんてない

やってはいけないことなんてない

今の人生が夢も希望もないと思う40代の人は、思い切った選択をしてしまってもいいということを覚えておいてください。

 

例えば、以下のようなものです。

今日仕事を辞める。

離婚をする。

遠くへ引っ越す。

人間関係を整理する。

海外へ移住する。

 

私の知る人は、私も含めて上記のどれかの行動をとることで、自分の人生をがらりと変えています。

どれもいきなりやるには突拍子もなく感じてしまうかもしれません。

これまでの経験や常識的な観点からNGと思われることもあるでしょう。

 

しかし、現実的にこれらの行動をしている人たちがいます。

そして、こららの行動は誰がやっても構わないことです。

もちろん、あなたにもやる権利があります。

 

ですから、今の自分がほぼ詰んでいると思う人は、思い切ってやってしまいましょう。

これらの行動は、自分の人生を強制的に変えてくれます。

 

まとめ

夢も希望もないと思っている40代の人たちに捧ぐまとめ

夢も希望もないと思っている40代の人たちは、周りを見ていると意外とたくさんいます。

そのような人たちは、常識的でまじめな人が多いように思います。

 

世間体を気にしたり、周りの人に気をつかいすぎたりしていると、どうしても自分の望んだことがなかなかできず、狭い枠の中にどんどん追い込まれてしまいます。

 

今一度、自分の心に語りかけて、自分が本当はどうありたいのかを考え直してみてください。

その答えは人によって千差万別だと思います。

でも、それでいいんです。

 

自分自身が見つけた答えに向かって行動していきましょう。

その瞬間からもう、あなたの人生は変わります。

そうすれば、今までと違った道が開けてきます。

 

40代からでも十分新しい自分に生まれ変われますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました