体が硬い40代男性必見!誰でも柔らかくなれるおすすめストレッチ!

40代になり体のあちこちが硬くなって、自分の体が思うように動かせないなんてことはありませんか?

そんなあなたでも、この記事で紹介するストレッチを実践すると、硬くなった体を柔らかくして、自分の体を思いっきり動かすことができるようになります。

なぜなら、私も実際に実践して、カチコチだった体が柔らかくなり、以前よりも自分の体を好きなように動かせるようになったからです。

この記事では最初に、40代男性の体が硬くなってしまう原因と、体が硬いことによるデメリットを説明します。

その後、硬くなってしまった体を柔らかくするストレッチについて、ご紹介します。

実際にストレッチを実践すると、体が硬い悩みから解放されて、スッキリした毎日を送れるようになります。

40代男性は、なぜ体が硬いのか?

若い頃は運動をしたり、体を使うような仕事をしていたような男性も、40代になってくると体をほとんど動かさないという人が多いと思います。

体の筋肉は、使っていないとどんどん縮まっていく性質があるため、伸ばすことができなくなってしまいます。

このため、日常的に体を動かすことがあまりない40代男性は、必然的に体が硬くなりやすいのです。

もともと運動をしていなかった人は然りですが、昔はスポーツをしていて運動には自信があるというような人でも、使ってない体の柔軟性は落ちやすいものなのです。

結局のところ、普段から体を動かしていないと、誰でも体は硬くなってしまうんですね。

体が硬いことによるデメリット

体が硬いのは、なんとなくよくないということはわかると思いますが、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

怪我をしやすくなる

体が硬いと、筋肉や関節の可動域が狭くなるため、自分の体を動かしづらくなります。

大きく体を動かそうと思っても、自分が思った通りには動かせないのです。

そのような状態で、無理に体を動かそうとすると、筋肉や関節を痛めて怪我をしてしまいます。

運動不足のお父さんが、運動会で張り切ってしまって怪我をするというのは、その典型的なパターンです。

運動不足になりがちな40代男性は、特に怪我には注意する必要があります。

腰痛や肩こりなどになりやすくなる

体が硬いということは、筋肉が縮こまって伸びなくなっている状態です。

そのような状態では、血液の流れを阻害してしまい、血行不良になってしまいます。

血行不良は、腰痛や肩こりの原因となるため、体が硬いとこれらの症状が起こりやすくなるのです。

年齢が上がってくるにつれ、腰痛や肩こりに悩まされる人が多くなるのは、体を動かすことが少なくなり、体が硬い人が多いからなのです。

疲れやすくなる

あなたは年齢を重ねるごとに疲れやすくなってきていませんか?

40代にもなると、仕事や家庭でのことなどで、毎日疲労が溜まって仕方がないという人も多いと思います。

人間が疲れを感じるとき、体内には疲労物質が溜まっています。

この疲労物質は体外に排出されるものなのですが、体が硬いと体内に残り続けてしまうのです。

実はここでも血流が関係していて、血行不良だと体内の疲労物質が滞ってしまい、うまく大概に排出されなくなるというわけです。

40代男性の体を柔らかくするおすすめストレッチ

それでは実際に、硬くなってしまった40代男性の体を柔らかくする、おすすめのストレッチについてご紹介します。

肩のストレッチ

40代男性は、パソコンを使ったデスクワークなどで、肩こりがに悩む人が多いです。

日常生活で、腕を肩より上にあげる機会もないと、四十肩になってしまうこともあります。

そこで、肩を回すストレッチをしていきましょう。

  1. 右手で右肩を、左手で左肩を触ります。
  2. 肘で大きな円を描くように回します。
  3. 内回りと外回りを両方やりましょう。
  4. ゆっくりと呼吸をしながら、30秒間続けてください。

腰のストレッチ

年齢が上がってくると、肩こりと並んで辛くなりがちなのが腰痛です。

腰の筋肉が硬くなっていると、ぎっくり腰の危険もあります。

おすすめの腰のストレッチは、次のものになります。

  1. まずは、四つん這いになります。
  2. 息を吐きながら、ゆっくりと背中を丸めます。
  3. 元の四つん這いの姿勢に戻ります。
  4. 息を吸いながら、背中を反らします。
  5. このときに、お尻を突き出すようにしましょう。
  6. 1〜4までを30秒間繰り返します。

ハムストリングスのストレッチ

体が硬い人が、典型的に最も硬いところがハムストリングスです。

運動不足の人や、日常的に体を動かさない人、仕事はデスクワークが中心の人などは、ほとんどみんなハムストリングスが硬くなっていると思います。

ハムストリングスを柔らかくする、おすすめのストレッチは次のものです。

  1. 床に座った状態で、左脚を前に伸ばします。
  2. 右脚は胡坐をかくようなイメージで膝を折り、左足の側面につけます。
  3. 背筋はまっすぐ伸ばしたまま、上体を前へ倒していきます。
  4. ゆっくりと呼吸をしながら、へそを伸ばしている左脚へ近づけるようにします。
  5. そのままの姿勢で、30秒キープします。
  6. 左右の脚を入れ替えて、反対側の脚のハムストリングも伸ばしましょう。

ふくらはぎのストレッチ

血液を全身にしっかりと循環させるためには、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎの柔軟性が重要になります。

ふくらはぎが硬いと、下半身に流れていった血流を上半身に戻す力が弱くなるため、疲労物資が蓄積しやすくなってしまいます。

疲れを解消しやすくするためにも、ふくらはぎをしっかりとストレッチしてあげましょう。

  1. 両手を壁について立ちます。
  2. 左脚を後ろに引きます。(引いた足がストレッチする足になります)
  3. 左脚の膝を伸ばし、踵を床につけたまま、左脚を前方に傾けていきます。
  4. ゆっくりと呼吸をしながら、30秒間キープします。
  5. 左右の脚を入れ替えて、同じことを繰り返します。

まとめ

今回の記事では、以下の内容についてご紹介しました。

  • 40代男性は、なぜ体が硬いのか?
  • 体が硬いことによるデメリット
  • 40代男性の体を柔らかくするおすすめストレッチ

今回ご紹介したストレッチを実践することで、40代になり体が硬くなってしまった男性でも、柔らかい体を手に入れることができます。

柔らかい体は、疲れにくく怪我もしにくいので、毎日を快適に過ごしやすくなります。

ストレッチに興味が出てきた人は、更にいろいろなストレッチを実践することで、もっと体を柔らかくすることができますよ。

運動経験が全くなく、柔軟性に自信がないような人でも、180度開脚だって夢ではありません。

今回ご紹介したストレッチを実践して、是非あなたも柔らかい体を手に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました