40代男性がストレッチをすることによって体に得られるメリット9選

40代男性がストレッチをすることによって体に得られるメリット9選

「ストレッチが体にいいことは知ってるけど、具体的にどんなメリットがあるの?」

そんな風に疑問を持つ人もいると思います。

 

そこで、ストレッチをすることで体に得られるメリットについてご紹介します。

 

毎日の仕事で忙しく、疲れが溜まっている40代の男性にこそおすすめですよ。

 

40代男性がストレッチをすることによって体に得られるメリット9選

体にいいといわれるストレッチは、様々なメリットをもたらしてくれます。

日々疲れが溜まっている40代男性には、どれも嬉しい効果だと思いますよ。

 

ストレッチをすることによって体に得られるメリットは全部で9つあります。

一つずつ確認していきましょう。

 

体の柔軟性の向上

ストレッチをすることで、硬くなっている筋肉を十分に伸ばすことができます。

繰り返し伸ばすことで少しずつ筋肉が柔らかくなっていき、柔軟な体を手に入れることができます。

 

ストレッチによる体の柔軟性の向上は、何歳から始めても効果があるので、年齢を気にする必要はありません。

思い立ったときに始めれば、必ず今より柔らかい体になりますよ。

 

体を動かしやすくなる

ストレッチをすると関節の可動域が広がり、体を動かせる範囲が大きくなります。

このため、全身を大きく使って動くことが可能になり、体を動かしやすくなります。

 

スポーツをするときのパフォーマンス向上にも繋がりますよ。

 

代謝が上がる

ストレッチをして筋肉がほぐれると、全身の血液の循環がよくなります。

すると、体の隅々まで酸素や栄養素をスムーズに運びやすくなり、これによって代謝が上がるのです。

 

代謝が上がれば、脂肪の燃焼効率が高まるため、ダイエット効果も得られるでしょう。

 

疲労回復

筋肉が硬くなっていると、その中を通っている血管が押さえつけられてしまうため、血流が悪くなります。

すると、体内に蓄積された疲労物質の排出が阻害されてしまうため、なかなか疲れが抜けなくなってしまいます。

 

ストレッチで筋肉を十分にほぐし柔らかくしてあげると、血液がスムーズに循環するようになり、この疲労物質が体外へ排出されやすくなります。

このため、疲れにくく、疲労が溜まりづらい体になれるのです。

 

怪我の予防

体が硬くなっていると、筋肉の動きや関節の可動域に制限がかかってしまいます。

すると、いきなり体を動かしたり、ちょっと無理な体勢などになったときに、体を痛める危険性が増します。

 

足首の柔軟性が不足していると、捻挫をしやすいなどがいい例でしょう。

ストレッチで体の柔軟性を高めておくと、怪我を予防することができますよ。

 

肩コリや腰痛の緩和

仕事がデスクワーク中心で、日常的に体を動かすことがほとんどない人は、1日中同じような姿勢で座りっぱなしになります。

すると、普段使われていない筋肉が収縮して硬くなります。

 

肩や腰がこのような状態になると、肩コリや腰痛を引き起こしてしまいます。

ストレッチをして、これらの筋肉をほぐすことで症状を和らげることができます。

 

冷え・むくみの改善

女性に多い悩みである冷えやむくみですが、最近では男性でもよくある症状になっています。

 

特にデスクワークや立ち仕事の人は、ふくらはぎを動かす機会が少ないため、血液を心臓に送り返すポンプ機能が弱くなっていることが多いです。

すると、血液やリンパの流れが滞ってしまうため、冷えやむくみが生じてしまいます。

 

冷えやむくみで悩んでいる人は、特にふくらはぎのストレッチが有効になります。

 

リラックス効果

ストレッチをすると副交感神経が優位になり、興奮していた気持ちを落ち着けることができます。

このためリラックス効果があり、溜まっているストレスを軽減することもできます。

ストレッチは、肉体的な部分だけでなく、精神的な部分においても健康的にしてくれますよ。

 

睡眠の質の向上

人が活動状態から休息状態に移行するためには、交感神経が優位の状態から、副交感神経が優位の状態に切り替えなければなりません。

日中起きているときには交感神経が優位になっていますが、睡眠中は副交感神経が優位になっています。

 

ストレッチをしてリラックスすると副交感神経が優位なるので、体が自然と睡眠モードに入ってきます。

このため寝つきがよくなり、ぐっすりと眠れるため、睡眠の質が向上します。

 

ストレッチをするときのポイント

ストレッチは、ただ闇雲にやっても思うような効果が得られないことがあります。

ストレッチのメリットを最大限に受けるためにも、注意するポイントをあげていきますね。

 

まず、ストレッチをするときには、ゆったりと動きやすい服装で行いましょう。

体を締め付けない服装の方が、リラックスして取り組むことができます。

 

体が硬いという自覚がある人は、ストレッチというと痛いものだと思っている人もいると思います。

しかし、痛みを堪えなければならない程のストレッチは強度が高すぎます。

実際にストレッチをするときには、痛気持ちいいと感じるぐらいがベストになります。

あまり無理に伸ばすことがないようにしましょう。

 

また、ストレッチをするときには無意識のうちに呼吸が止まってしまいがちです。

息を止めると筋肉が緊張してしまうので、ゆっくりと呼吸をしながら筋肉を伸ばすようにしましょう。

人は息を吐いたときにリラックスして力が抜けるので、より筋肉を伸ばしやすくなりますよ。

 

ストレッチをするときには、これらの点に注意して行ってください。

 

ストレッチは毎日すると体の調子が整いやすい

ストレッチは思い立ったときにだけやっても効果は薄いです。

今日はみっちり1時間ストレッチをしたけど、その後1週間全く何もしないといった感じでは、はっきり言って体に変化は訪れないでしょう。

 

ストレッチのメリットを享受するためには、毎日行うことがベストです。

 

例え短い時間でも毎日反復して続けることで、硬くなってしまった筋肉を徐々にほぐしていくことができるのです。

これを繰り返すことによって、少しずつ体に変更が生じてきて、いろいろな面でストレッチのメリットを実感できるようになります。

 

ですので、体の不調を改善したかったり、健康増進の目的でストレッチをするのであれば、ぜひ毎日継続することをおすすめします。

 

 

「そうは言っても、なかなかストレッチを毎日続けることができない。」

という人は、こちらを参考にしてみてください。

 

【誰でもできる!】続かないストレッチを毎日の習慣にして続けるコツ

 

ズボラで何をやっても続かない私が、ストレッチを継続できるようになった方法になりますよ。

 

まとめ

ストレッチをすることで体にもたらされる9つのメリットについてご理解いただけましたか?

 

40代男性といえば働き盛りで、毎日仕事などで忙しい日々を過ごしている人も多いでしょう。

その分、疲労が溜まっていたり、体に不調が出ていることもあるのではないでしょうか?

 

何をするにも健康第一、まずは自分の体が資本です。

自己メンテナンスのためにも、メリットの多いストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

 

私もストレッチを毎日するようになってから、体調全般が改善されています。

特に、体の柔軟性が向上していくことに楽しみを覚えてしまったので、もはや欠かすことのできない習慣となりました。

 

体にいいことはわかっているのに、意外と多くの人がやっていないのがストレッチです。

ぜひ、この機会に始めてみることをおすすめしますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました