30代男性が生活クオリティ向上のためにルーティンを取り入れる理由

30代男性が毎日の生活クオリティの向上のためにルーティンを取り入れる理由

人生において成功している人や仕事ができる人は、毎日の生活にルーティンを取り入れています。

 

自分がやるべきことを習慣化することで、努力を継続して目標を達成できるようにするためです。

 

そこで、私も自分の日常を見直して、生活の中にルーティンを取り入れてみました。

 

生活クオリティ向上のためのルーティンとは?

そもそもルーティンとは、やり方が決まった物事を指します。

 

社会人として働く人であれば、ルーティンワークという言葉を耳にする機会があるでしょう。

これは、仕事を決められた手順で、毎回同じように繰り返すことをいいます。

 

例えば、倉庫に書類を保管するとします。

すると以下のような作業が発生します。

  1. 鍵の管理表に、倉庫の鍵を持ち出すことを記入する
  2. 倉庫の鍵を持ち出す
  3. 書類を倉庫にしまう
  4. 倉庫の鍵をかけて、鍵を返却する
  5. 鍵の管理表に、倉庫の鍵を返却したことを記入する
  6. 書類をどこにしまったかを、倉庫内見取り図に記入する

会社によって多少の違いはあるでしょうが、大まかにはこのような流れだと思います。

これは、新入社員でも管理職でもやり方に変わりはありません。

この1~6までのような作業がルーティンワークと呼ばれます。

 

仕事では、業種や役職によって、様々なルーティンワークがあるでしょう。

仕事では、誰でも効率的に失敗することなくできるように、作業をルーティン化しています。

 

このルーティンを日常生活の中でも活用すると生活の質を上げることができます。

 

日常生活のルーティンには、次のようなものがあります。

  • 毎朝起きたらコップ1杯の水を飲む
  • 朝食後に30分読書をする
  • 通勤では一駅分歩く

これらのルーティンは、自分の見識を高めたり、体を健康にしたりできます。

 

このような自分にとってプラスとなる行動をルーティンとすることは、生活クオリティの向上につながります。

 

30代男性が毎日の生活にルーティンを取り入れる理由

ふだんの生活で何も意識していないと、基本的に人は楽なほうへ流されていきます。

 

朝起きてからや、仕事で疲れて帰ってきた後にどのように過ごしているでしょうか?

 

  • 朝は仕事に間に合うギリギリまで寝ている
  • 仕事から帰ってきたら必ず晩酌をする
  • 夜はYouTubeを好きなだけ見る

 

このような生活は、ストレス発散になったり幸せな気持ちになれるかもしれません。

 

しかし、それはあくまで一時的なものです。

その瞬間は満たされているかもしれませんが、後には何も残りません。

 

私は年齢を重ねてきて30代になりましたが、このような生活をしていては、いつまで経っても何も変わりません。

 

年齢が上がってきたからこそ、若い頃より時間は限られてきます。

私の場合は子どもがいるので、日常における自分のための時間はかなり少ないです。

 

しかし、自分が理想とする姿になるためには、生活を改善していく必要があります。

 

自分にとってプラスとなる行動をルーティン化すれば、少しずつでも毎日成長することができます。

1日や2日では大して変わりませんが、1か月や1年と長い目でみれば大きく変わります。

 

我が子の成長に負けないように、私自身も成長していきたいと思っています。

 

自分の目標を決めて必要なルーティンを取り入れる

自分が理想とする姿は、人によって千差万別でしょう。

 

私の場合は大きな目標として、健康寿命をできるだけ長くして、毎日をゆったりと楽しく過ごしたいと考えています。

 

そのために必要なことは、健康的な体と生活、自分の時間の捻出、趣味の充実などがあります。

 

これらを達成するために日常に取り込めるルーティンを考えると、次のようになりました。

 

  • 早寝早起き
  • 夜ではなく早朝に趣味などをやる
  • 仕事で残業を極力しない
  • 夜寝る前にストレッチをする

 

本当は他にもやりたいことがいっぱいあるのですが、一度にあまり詰め込みすぎると挫折しそうです。

ですので、今回私が考えたルーティンは、このようになりました。

 

今回決めたことは、ルーティンとして毎日の生活に組み込みます。

 

そして、実はすでに実践して数か月がすぎているのですが、毎日の生活がとてもいい感じです。

 

残業を減らして朝型生活に切り替えたことで、時間をとても有効に使えています。

また、毎晩寝る前ストレッチをしているおかけで、体が柔らかくなり、よく眠れるようになりました。

 

特に私は、もともと体がすごく硬かったので、ストレッチで体の柔軟性が上がったのは、すごく嬉しいです。

もともとはストレス発散と健康のために始めたストレッチでしたが、今や趣味の領域になっています。

私の体の柔軟性の成長についても、別の形で紹介しようと思います。

 

まとめ

今までだらだらと過ごしてきていましたが、毎日の生活にプラスとなるルーティンを取り込むと、かなり日常が違ってきました。

 

30代になり自分の時間が限られてくるからこそ、時間を大切に使うように心がけています。

 

目標を決めて、それを達成するためにルーティンを取り入れると、生活クオリティが向上することを実感できました。

 

  1. 毎日少しずつでも成長して、理想の姿を目指したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました