一週間で確実に痩せる方法!短期間ダイエットの食事と運動!

一週間で確実に痩せる方法

ダイエットする場合、ふつうなら時間をかけてじっくりやるほうが体への負担も少なく健康的に痩せることができます。
しかし、時として急いで痩せたいという状況もあります。一週間後に海へ行って水着を着る、結婚式に出席するためにドレスを着るなど、どうしても短期間で痩せる必要が生じることもあるでしょう。
そこで今回は、短期間勝負!一週間で確実に痩せる方法を紹介します。

痩せるメカニズムを知ろう

ダイエットで痩せて体重が落ちるためには、毎日摂取カロリーを消費カロリーが上回るようにすればいいのです。ダイエットにおいて痩せるメカニズムはこれだけです。なので、あまり難しいことを考える必要はありません。
世の中にはいろいろな○○ダイエットがありますが、あまり気にせず、人が痩せる根本的な部分は摂取カロリー<消費カロリーであることを覚えておきましょう。

 

脂肪1kg落とすためには7,200kcal必要

ダイエットで痩せるたいという人は、ただ単に体重が減ればいいわけではなく、当然のことながら体の脂肪だけを落としたいと思っていますよね。この脂肪を落とすためには一体どれだけのカロリーを減らせばいいのでしょうか?答えは、7,200kcalです。脂肪は1kgで7,200kcalあるのです。
よって、一週間で脂肪を1kg落とそうと思ったら、毎日消費カロリーが摂取カロリーを1,200kcal上回るようにする必要があります。
自分が一週間でどれくらい痩せたいかを考えて、痩せるための計画を立てましょう。

 

摂取カロリーを減らそう

さて、短期間勝負である一週間で確実に痩せるために最も重要なことは、摂取カロリーを減らすことです。これは特別な行動をする必要がありませんので、誰でもできることになります。
しかし、だからといって極端な食事制限はなかなか耐えられるものではありません。そこで日常の食事メニューを見直し、同じ量を食べても摂取カロリーが少なくなるようにしましょう。ふだん何気なく食べているものの中にも意外と高カロリーのものが潜んでいたりします。
1日のトータル摂取カロリー数を減らす手っ取り早い方法としては、食事の回数を3回から2回に減らしてしまうことです。これだけで摂取カロリーをかなり減らせるので、短い間だけだからと思って頑張ってみてください。
1食だけ置き換えダイエットをするのも効果的です。

 

食事内容を改善しよう

ふだん何も考えずに食事をしていると、外食やコンビニで買ったお弁当などになることが多いのではないでしょうか?このような食べ物には糖質が多く含まれていて、とても太りやすい食事内容になります。
そこでダイエットで確実に痩せるためには、たんぱく質と野菜を中心とした食生活にして、炭水化物を減らすようにしましょう。このためには、外食はしないようにして自炊をするのが一番です。
ダイエット中は、特にたんぱく質が重要になります。目安としては、1日で自分の体重と同じグラム数のたんぱく質を摂取するようにしましょう。たんぱく質をしっかりとっておかないとダイエットで筋肉が大幅に落ちてしまうので、体型が崩れてしまいます。これではせっかく体重が落ちてもダイエットが成功したとはいえません。
ダイエット中でも肉や魚などは、意外としっかり食べても大丈夫です。カロリー的にも問題ないので、きちんと食べるようにしましょう。

 

消費カロリーを増やそう

毎日の消費カロリーを増やす方法は主に2つあります。
以下に紹介しますので、トライしてみてください。

運動をする

当たり前のことですが、運動をすればカロリーを消費します。食事を控えることで制限するカロリーよりは小さくなりますが、それでも間違いなく効果はあるので必ず運動を取り入れましょう。
運動の内容ですが、無酸素運動である筋トレと、有酸素運動であるジョギングがおすすめです。筋トレはダイエット中に筋肉が落ちるのを最小限に留めることができるので、体型を崩すことを防げます。ジョギングなどの有酸素運動は、長時間継続することで体の脂肪を燃焼することができます。有酸素運動は長時間続けたほうが効果が大きいので、一週間という短い期間で痩せたいのなら頑張ってみましょう。
運動の順番ですが、これも重要で、必ず筋トレ→有酸素運動の順番で行いましょう。これは、筋トレをすると成長ホルモンが分泌され、この成長ホルモンには脂肪の燃焼効率を高める効果があるためです。このため、筋トレをしてから有酸素運動を行ったほうが、それだけダイエット効果が高くなるのです。

日常生活でこまめに体を動かそう

運動をすることで消費カロリーを増やすことができますが、それ以外の日常的な活動でもなるべく動くように気をつけると、1日の消費カロリーを増やせます。この日常的な活動によるカロリー消費のことを、「非運動性熱産生(Non-Exercise Activity Thermogenesis)」といい通称NEATと呼ばれています。
移動するときに電車や車を使わずに、徒歩や自転車にする、エレベータやエスカレーターを使わずに階段を使うなど、日常生活で体を動かせるような機会は意外とたくさんあります。炊事、洗濯、掃除などの家事も、立派なNEATになります。
人間のNEATによるエネルギー消費量はかなり多くて、1日の4割近くに相当します。日常生活で体を動かす機会が多い人は、このNEATだけで1日800kcalも消費することもあります。
このため、ダイエットのために運動で消費カロリーを高めることも大事ですが、早く確実に痩せるためには、日常生活も改める必要があります。
ぜひ今までの自分の日常生活を振り返って、NEATによるカロリー消費の機会を増やすようにしてみましょう。
通勤・通学を自転車にするか1駅分歩く、毎日家の掃除をする、オフィス内の移動は階段を使うなど、いろいろな方法があります。自分の生活に合った方法で試してみましょう。

 

毎日カロリー収支の計算をしよう

なんとなく食事に気をつけたり、なんとなく運動したりしても、意外と摂取カロリーを消費カロリーが上回ったりします。確実に痩せるためには、必ず毎日カロリー収支の計算をするようにしましょう。
朝・昼・夜の食事でどれだけのカロリーを摂取をしたか、基礎代謝と運動でどれだけカロリーを消費したか、そうすれば自分があとどれだけ頑張れば体重が落ちるかがよくわかります。
このカロリー計算をしっかりすることがダイエット成功の秘訣となるので、毎日チェックしてみてください。

 

体重だけでなく体型も気にしよう

ダイエットでカロリー計算をしていけば確実に痩せます。しかし、痩せるときに脂肪だけでなく筋肉も一緒に落ちてしまったら、痩せても美しいプロポーションにはなりません。大事なことは、筋肉はなるべく落とさず、極力脂肪だけを落とすようにすることです。
そのためには、上でも説明してきた食生活の改善と筋トレが特に重要になります。特に女性の方だと、肉や魚を食べる太ると思って、たんぱく質が不足しがちになったり、腕や足が太くなるのが嫌だからといって筋トレをしたがらない人がいます。しかし、それでは体重は落ちても、理想的な体型になることはできません。
ダイエットで痩せた後に、キレイな体になるためにも、体重ばかりに気を取られないようにして体型を美しくすることも意識しましょう。

 

夜更かしせずにしっかり睡眠をとる

人は、実は寝ている間にも脂肪を燃焼しています。これは睡眠中に成長ホルモンが分泌されるためです。この成長ホルモンは、たんぱく質が材料になります。つまり起きているときにしっかりとたんぱく質をとって、しっかりと寝ればそれだけダイエット効果が高まるのです。
睡眠中はその他に、レプチンとグレリンというホルモンも分泌されます。この2つのホルモンもダイエットには非常に重要な役割があります。
レプチンには食欲を抑制する働きがあり、グレリンには食欲を増進する働きがあります。睡眠が不足するとレプチンの分泌量が減り、グレリンの分泌量が増えます。つまり睡眠不足は、それだけ食欲の暴走を起こしやすい状態になるのです。
このため夜更かしをしないで、しっかりと睡眠をとることが重要になるのです。

まとめ

一週間で確実に痩せる方法を紹介しましたが、いかがでしたか?
ダイエットで痩せるためには食事と運動が話題の中心となりがちですが、意外と日常生活や睡眠も大事になってきます。
一週間で確実に効果を出すためにも、今回紹介した内容を全て実践して、美しい体型を披露できるように頑張ってください。

 

 

こちらの記事もおすすめ

カロリー計算の方法を理解してダイエットを成功させよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました